旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2008ー[4] アヴィニヨンからパリへ・・
 
さて、二ースとモナコはほんの隣町なんですが、その後バスは海岸を離れて山側の道を走り、古都アヴィニヨンへと向いました。 その途中で見えたのはエズ村▼ 外部からの攻撃から村を守るため山の頂に城壁で囲んで作られた鷲巣村と呼ばれる石造りの村の一つです。 
本当はココも行ってみたかったんですけどね~ 
エズ


 
ローマ帝国時代の主要都市であり、その後何度も侵略、奪還が繰り返された古都アヴィニヨンに到着です ▼  
アヴィニヨン遠景
フランス革命の時に略奪、破壊されるまでは、内部には相当豪華な装飾や調度品があったそうですが 今はほとんどがらんどうの教皇庁宮殿
▼もっとも私達に馴染み深いのは童謡に歌われたこの橋ですよねえ~
橋
橋の上で~踊ろうよ踊ろう~  サン・ベネゼ橋です。
川の氾濫で何度も崩壊し、街の財政を圧迫したためついに修復を断念!橋が途中でプッツンしているんですねぇ・・ 現在は4つだけ橋脚が残ってます。 夕食まで時間があったのでこじんまりとした街をぶらぶらと散策しました。 カフェで飲んだ美味しい”カフェ・クレーム”が疲れを癒してくれました。写真撮ったはずなんですけどねぇ・・間違って消してしまったらしいー

アヴィニヨン駅 翌朝・・バスは私達と荷物をフランス国鉄(SNCF)のアヴィニヨン駅へと送り届けて(放り出して)何処かへ去って行きます。 その後ザザーっと振り出した雨のせいで荷物が大変な事になるんですが・・

←近代的な作りのアヴィニヨン駅の構内で電車を待つ間が「旅行記①」でご紹介した動画となります。

←この写真は他からちょっとお借りしました

なんだか沢山写真を撮りすぎた為、整理しようとしてかなりの枚数消してしまったらしい

TGV TGVとはフランスが誇る高速鉄道のこと。 日本でいう新幹線ですね。 今回のツアーを選んだ決め手の一つに「途中この鉄道を利用する」というのがありました。 バスばっかりの旅だとつまんないですからね~

TVの旅番組で良くある「現地の人とのふれあい」なーんて勝手に想像しちゃって、素敵な思い出に残る列車の旅を期待したんですがー 実際は・・朝でしたし、もちろん観光客もいましたけど、ほとんど南→パリへの通勤列車って感じでした。東京←→大阪の新幹線みたいなもんですね味もそっけもなく移動しただけでした(爆)
TGV地図

 パリ市内に”パリ駅”というのは無く、国外行きを含めて方面別に幾つかある駅の一つがリヨン駅です。 
リヨン駅

この駅の構内にあの『ニキータ』で使われたレストラン「ル・トラン・ブルー」があるはず!!っと必死に見回したんですが、私達の通り道からは見えず・・残念至極。。 ゆっくり探す時間が無いのが団体ツアー集団行動の辛い所です。他の方に迷惑かけられませんからねぇ・・。 
サンラザール

 駅の構内はクラシックな作りで、1877年にクロード・モネが描いた『サン=ラザール駅』とも良く似ています。

(列車、地図、リヨン駅の写真も他からお借りしました

 旅行記ー⑤へ続く・・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/30-5e73db3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。