FC2ブログ
旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の一日、ハンマースホイ展と常設展を堪能! その3
ルノワール、モネ、ゴッホ・・・  
常設展(国立西洋美術館コレクション)は お宝の山だった!


▼ルノワール 「帽子の女」
ルノワール



▼ルノワール 「アルジェリア風のパリの女たち」  
サロン(官展)で「下品」と酷評された作品。 
自分の画風が定まらず悩んでいた時期でもある。
ルノワールアルジェ


▼モネ 「舟遊び」
モネ舟遊び


▼モネ 「睡蓮」
モネ睡蓮

絵の具をパレットの上で混ぜずにそのまま画布の上に重ねていく技法。 移ろいゆく光の動きの瞬間を見事に絵に表現したモネのその筆のタッチが・・艶やかな絵の具が・・・今、目の前でイキイキと息づいている!考えてみればつい100年ほど前に描かれたわけですから・・感動してしばらく絵の前から動けなかったです。 今までにも色んな美術館で見てきてるはずなんですけどね~ 今回は違いました。 同じ庭で描かれた複数の「睡蓮」の絵の中でも、ココ上野にあるのは非常に力強く、色彩も鮮やか。 

▼モネ 「エプト川の釣り人たち」
モネ釣り人


▼ゴッホ 「ばら」  ゴッホもこんな優しい絵を描いた時期があったんですね。。
ゴッホばら


 その他、所蔵品のほとんどは20世紀初頭に当時川崎造船所社長だった松方幸次郎氏が 自ら世界を回って集めた貴重な美術品たち・・。 その後世界恐慌や第二次大戦で散らばったそのコレクションがたどったドラマティックな運命の詳細はコチラ

最近、イギリスBBCのTVドラマ(映画ブログで紹介)をきっかけに、フランス旅行やら何やらで一人プチ印象派絵画ブームだったわたくし。 モネの睡蓮の庭はこれから旅行記でご紹介しますが、自分が訪れた場所を描いた絵を目の前でじっくり見ることが出来て感無量でありました。

実は 横浜美術館の「セザンヌ展」も行きました!  続く・・

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/35-82a6be7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。