FC2ブログ
旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜美術館で 「セザンヌ主義ー父と呼ばれる画家への礼賛」
地元の横浜美術館ではセザンヌを堪能しました~
公式サイト          (2008.11.15~2009.1.25 開催)
セザンヌ看板


久々に秋晴れの良いお天気で、あまりにも気持ち良かったので、
入館前に沢山写真を撮ってしまったのでした。
横浜美術館

▼横浜美術館前庭の噴水
美術館前噴水

▼美術館の後ろにはランドマークタワー  10時 開館時間の頃
ランドマーク

▼ランドマークタワーに隣接する Queen's Square
今年もそろそろ”シンギング・ツリー”などのX’masイルミネーションが楽しみ
クィーンズと紅葉


セザンヌラム酒  今回はセザンヌ中心ですから、かなり作品数も多く、構成も人物画、風景画、静物画がまんべんなく展示されており大変充実した展覧会でした。 また彼に影響を受けたピカソやゴーギャン、モディリアーニなどの作品、邦人の安井曾太郎などの作品もセザンヌと似た構図のものなど並べて対比させるような展示をしてあるので、彼らがいかにセザンヌに影響され、模倣から自分の画風を探ろうとしたかが良くわかって面白かったです。  形態の単純化や解体、多視点化などによって絵画を再構築するキュビズムがのちのピカソやブラックへとなっていくのですね この企画は素晴らしいんじゃないでしょうか。


さすがに、この展覧会は館内での写真撮影は禁止でしたね
国立西洋美術館は「ハンマースホイ」は禁止。 常設展はOKなので思い切り撮影出来たのですよん

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/36-2ac39962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。