旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2008ー[7] ルーヴル美術館 その2
まずは古代ギリシャ彫刻から

入り口を入って振り返ると▼4人の乙女のカリアティッド(古代ギリシャ建築の梁を支える女性像の柱のこと)がお出迎え。
カリアテッド2

アフロディテとヘルメスの間に生まれた息子=ヘルマフロディテ
彼を恋したニンフが合体して一つの肉体になり 両性具有に。。
ヘルマフロディチ

後姿 ▲  ▼前を見ると・・あらら・・
ヘルマ前


母はこちら ミロのヴィーナス(美神アフロディテ)▼ となるわけですね?
ミロ



▼ギリシャ美術のしめくくり ヘレニズムの傑作 サモトラケのニケ
(”ニケ”は勝利の女神。 エーゲ海のサモトラケ島で発見されたためこのように呼ばれる)
ニケ大

▼ダリュの階段踊り場から”ニケ”を眺める。。 あ~これが見たかったんだな!
ニケ


そしてグランドギャラリーへ・・
グランドギャラリー



旅行記 その⑧ 絵画編へと続く・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/39-3e83385a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。