旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2008-[11] パリ その2 セーヌ川界隈
 さて、モン・サン=ミッシェル観光後、バスは少し西へ移動しサンマロという美しい町に宿泊したが、暗くなって着き、朝また早く出発したので記録も何も・・  5日目(2008.10.24)
ツアー一行がパリに再び舞い戻ったのはすでにお昼を過ぎていた。 
ノートルダムS ノートルダム正門3
 予定では午後からすぐにお待ちかねのフリータイム!となるはずが、3日目に観光出来なかったノートルダム寺院のリベンジとなった。 
▲素晴らしい彫刻が施された寺院の正面入り口にしばし見とれる・・

内部
▲内部の建築デザインの素晴らしさにため息をつき・・有名な”薔薇窓”も眺めたのだが、写真には上手く写らず残念です。 中は自由見学でその後ツアー一行は再びバスに乗車して免税店へ半強制連行される(爆)ところを、もう一つの3人組に倣って、この場で私達も別行動の許可を頂き、自由にノートルダムを見学した後、外へ出た。ココからやっと私達のフリータイムの始まり始まりぃ~
裏手
セーヌ川を渡った反対側から寺院の裏手が見えるポイント! 
ここはもう~本当にたっくさんの映画に登場する。 
裏手2
▲手前の橋とその向こうに見えるノートルダム寺院・・この辺でフレッド・アステアとオードリー・ヘップバーンが踊ってたし、ウディ・アレンとゴールデン・ホーンもふわふわと浮かびながらダンスするのだよな・・とか。 イーサン・ホークとジュリー・テルビーがココからバトー・ビュス(水上バス)に乗ってさ!とか グルグル思いは巡るのであった。
アベック
その後、少し川のほとりを散歩。 緑色の屋根の売店がずっと続きます。 本や昔の写真やポスター絵葉書などなど。。ひやかしながら歩くのは楽しい。恋人たちも絵になるなぁ~階段
とにかく何処を撮っても360度すべて絵になるので、写真もキリがない・・
時間があればセーヌに架かる橋をもっとゆっくり眺めながら歩きたかった。 「ミラボ-橋の下をセーヌ川が流れ、われらの恋が流れる」なーんて詩作でもしたいものだ(無理だけど) セーヌ川と橋の詳細はコチラ
最高裁判所
▲いつのまにかシテ島に踏み込んだ。 最高裁判所とサント・シャペル
コンシェルジェリー
中は見学せずそのまま門の前を右手へと曲がりセーヌ川へとまた戻って振り返ると・・
▲マリー・アントワネットが家族と離され幽閉されていたコンシェルジュリー (左手の建物) 断頭台の露と消えるその日まで、1人寂しくセーヌ川を見つめていたのだろうか・・明日はいよいよヴェルサイユ宮殿へ行くぞっ 
だがその前にまだまだこの日は続きます。
アベス
少し雨がパラついてきたので、タクシーに乗ってモンマルトルへ!!
まずは地下鉄のアベス駅入口前の広場で降ろしてもらった。アールデコ調の装飾が美しい入り口だ。
ココはもちろん”あの映画”にも登場する駅である。

続きは 旅行記その⑫ モンマルトル編へ・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/42-6133a638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。