旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2008-[18] 最後の夜はセーヌ遊覧 さらばパリ さようならフランス
長いようで短かった6泊8日のフランスの旅  いよいよ最終日の夜・・
夕暮れのエッフェル塔

▼本当はこんな感じでセーヌ川の夕暮れ時を味わいたかったんですが・・
ビフォアサンセット
ちょっと間に合いませんで・・
 ↑1枚目の写真はセーヌ河畔アルマ橋の乗船場からバトー・ムッシュに乗り込み、夜7時出発した直後にエッフェル塔がキラキラと点滅し始めた時です。 この点滅は日没後の毎時行われているから、約1時間かけてナイト・クルージングした後に同じ船着場に戻って来た時もまた見れるはず・・。 
乗船後すぐに暗くなり始めた  ▼アレクサンドル三世橋
アレクサンドル橋
 パリ市内を流れるセーヌ川に架かる橋は32あるといわれており、パリ最古の橋=ポン・ヌフ、絵のモチーフなどにも使われるポン・デ・ザール、絢爛たる装飾のアレクサンドル3世橋などなど・・いくつもの個性的な橋の下を観光船はくぐり抜けて行く・・。橋の詳しいご紹介はコチラ
オルセー
オルセー美術館
船には強力な照明を搭載しており、夜のパリ・セーヌ河畔を美しくライトアップしてくれる。
グランパレ
フランス学士院
ポンヌフ ポンヌフ2
ポンヌフ(新しい橋という意味なのだけど、実は最古の橋)
アレクサンドル1 サンルイ島
アレクサンドルⅢ世橋 と サンルイ島
コンシェルジュリー夜
▲昨日の昼間見たコンシェルジュリー(アントワネットが幽閉された塔)
サマリタン
サマリテーヌは、ポンヌフの橋の袂にある老舗デパートだったが現在は閉店中
(映画『ボーン・アイデンティティ-』でポンヌフ橋に呼び出したクリス・クーパー をマット・デイモンはこの屋上の広告文字の影から双眼鏡で様子をじっと伺うのだ!)
エッフェル夜1
船は植物園のあたりでグルっとUターンし、サンルイ島、シテ島の反対側を航行し、また元のアルマ橋船着場へ戻ってくる。 遠くに先ほど夕焼け空に仰いだエッフェル塔が再び見えてくる。
▼黒い夜の帳が下り、”青色でライトアップされたエッフェル塔”が一層映えて美しい
エッフェル夜2

 普段はオレンジ色だが、2008.7/1からEUの首長国となることを記念し エコを意識したイルミネーションらしい。 当初は9月までの期間限定だったようだが、12月現在もそのままのもよう。 
そして乗船してからちょうど1時間後!
エッフェル夜3

    ▲再びキラキラと点滅し始めたエッフェル塔。
中心部にはEUの国旗を表す12個の黄色い星のマークが張り付けられている。
    ▼動画でもお楽しみ下さい! ちょっと首が痛くなりそうですが・・



明日の朝はもう空港へ・・楽しかった旅行もおしまい!
そんな最後の夜にふさわしく、異邦人の私達にエッフェル塔は精一杯のウィンクを贈ってくれたのだろう~なんて、センチメンタルな気持ちになれるのも、ここはパリだから・・ 
ああ・・夢なら覚めないで欲しいと真剣に思った。

旅行記 あとがきへ・・続く・・

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/49-c1e50836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。