旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記2008  あとがき
バケット  旅行から帰ってきてから早いもので既に2ヶ月が経ってしまった。

 この記事はクリスマスの夜に書いている。 時間の経つのが速いことったら・・。 もう今年も終わろうとしているではないか! でもまだ私の軽い”フランス熱”は続いている。 最後の記事[18]の青のエッフェル塔が「巨大なクリスマス・ツリー」に見えたりして・・。 家でTVを見ていてパリの街が映ったりすると無性にまた行きたくなる。 

 写真はフランスパンの種類の一つでバケット
旅行中、ホテルの朝食に毎日登場した。 10cm位にカットされたバケットがカゴに山盛り置いてある。 美味しいのだけど途中で「いい加減飽きた」と思っていたのに、帰国して暫くしたら これがやたら食べたくなってバスに乗ってわざわざ関内の「ポンパドウル」まで買いに行った。 これはクセになる味だ。 外側がパリっとして香ばしく、中は適度なやわらかさでパンの旨みが凝縮されている。 その辺のヤワな日本の食パンとは丸で違う・・外見は硬くて頑固、でも顎の力を使って良く噛んで食べると味わい深いパン・・お客に媚びないところがフランス人と似てるかもなんて思ったりした。

 愛想良く「ぼんじゅぅ~」と挨拶はしてくれるけど、「まけてくれませんか?」なんて言ったら、途端に顔を強張らせてきっぱり「ノン!」と言い放ったあのシュノンソー城の土産物屋さんの店員を思い出す。そういえば大抵の商店や空港の職員も愛想は悪い。無駄な笑顔は振りまかないのだ。 そういえば最後の夜、エッフェル塔のキラキラに酔いしれてパリ市内で晩御飯を食いっぱぐれた為、ホテル併設のレストランを当てにして帰ってみたら貸切で利用できず、フロントのお姉さんに「何処へ行けば?」と聞いたらすぐ近くにイタリアンの店があると言う。 フランスでイタリアンかい!と思ったが「背に腹は換えられない」同じく食いはぐれた同じツアーの2人組みと一緒に連れ立って5人で早速そのピザ屋へ行ったときのこと。 皆疲れてお腹もすいて頭も回らず、メニューを見ても何を食べたらいいか、5人共決められないでいると、誰からとも無く「ほらほらこれ!ナポリタンじゃない?書いてあるよ英語で」 もうこの際食べられるなら何でも良い!の心境だった私達は日本人にお馴染みの”ナポリタン”ならそう間違いはないっしょ?との判断で、「ナポリタン5つ」「ハイネケンビール5本ね」と注文したのである。

 暫くして・・
「スパゲッティ・ナポリタン」を待っていた私達のテーブルに届いたのは でっかいピザが5枚・・「え?ナポリタンって・・注文したはず」と憮然として言う私達・・ それに答えるお腹のでっぷりしたオヤジさん「これナポリタンよ! ナポリタン・ピザ!」 が~~ん!な、なんですと~~? 世の中に「ナポリタン」で「ピザ」があるのか!!!! それからはもう私達は大笑い。 だってしかもご丁寧に全部同じもの注文したんだからテーブルの上には巨大ななにやらケチャップ味風”ナポリタン・ピザ”が5枚も乗ってるんだから、笑わずにはいられないワケだ。 店のオヤジさんはお腹をかかえて笑ってる私達を見てキョトンとしたまま。 でも多分これから返品なんて言わない私達にお世辞でも何か言って欲しいけど、うんでもすんでもないのはさてはフランス人に違いない。 ピザ屋をやってる”フランス人”なんだな?(笑)

 さてさて、最初にちょっと触れたように、まだ私はフレンチモードだ。 暫くはまだフランスが舞台になってる映画など見続けるかもしれない。 でもとにかく私の拙い旅行記はこれにて終了です。 最後まで読んでくださった方も、抜粋してご覧下さった方も有難うございました。 


 

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/50-61381139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。