FC2ブログ
旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月/アンドリュー・ワイエス展、 1月/レオナール・フジタ展
  ワイエスポスター      fujitas
アンドリュー・ワイエス氏が16日夜、ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外の自宅で亡くなったそうです。 91歳でした。 つい先月、渋谷で展覧会を観て、本当に失礼ながら「まだお元気でご存命でいらしたのね~!」なんて驚いたばかりなのに。
詳細は→コチラ

『アンドリュー・ワイエス 創造への道程』 渋谷Bunkamuraミュージアム(2008.11.08~12.23開催)
 水彩・素描を中心に、その準備制作を経て完成されたテンペラ約10点、総点数約150点によって構成されており(公式サイト参照)、大変見応えあるものでした。  
絵は挿絵画家だった父親から習ったんですね~ アメリカの荒涼とした田舎の風景などの作品が印象的な画家さんでしたが、今回生でじっくり見るうちに、意外と緻密な絵を描く人なんだなと思いました。 一つの作品を描く前に何枚も何枚も描いた”習作”と共に実際の作品を並べて展示してあるので、作者が悩みつつ作品を生み出す過程も垣間見れるようで良かったですねえ。
上の写真の代表作「クリスティーナの世界」の描かれた経緯なども興味深かったです。
詳細はコチラ


『レオナール・フジタ展』 上野の森美術館(2008.11.15~2009.1.18)
公式サイト & コチラ
花の洗礼

こちらも素晴らしかったですねぇ!  今まで”藤田嗣治”というお名前とエコール・ド・パリの画家の1人という事を知っている位で、まともに作品を観たこともなかったのが恥ずかしい。。 すっかり気に入ってしまいました。 ”素晴らしき乳白色”と言われる一群と、幻の大作4点にも圧倒されましたが、晩年装飾を手がけたランス(フランス)の「平和の聖母礼拝堂」のステンドグラスの再現などなど・・一気に宗教色が深まった作品群には感動しました。

今年もまた出来るだけ多くの芸術作品に出会えたらいいなと思います。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/53-d97bf8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。