旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行 2日目(5月29日)
ホテル→琉球村→万座毛→名護パイナップルパーク→ロイヤルビューホテル(昼食)→沖縄美ら海水族館(海洋博記念公園内)→首里城公園/守礼の門(案内親方のガイド付き)→ホテル日航那覇グランドキャッスル
2日目も雨でスタート・・修学旅行のメニューみたいだなぁ~と思いつつも結構楽しい♪

琉球村 琉球村
沖縄の伝統的な家屋や風習を学べるテーマパーク。
さとうきびを手動式の絞り機やら、水牛さんの力で絞る様子が見学出来たり・・
特徴的な赤瓦屋根の木造家屋で 煙に虫のごとく燻されながら(沖縄はシロアリが多く、現在はほとんどが石の家だがこうした古い家屋は一年に一度は必ずやるそうだ)



健康茶とおやつのポーポー(黒糖を使って焼いた厚ぼったいクレープ様)を頂く。
ポーポー水牛

水牛さんも歓迎。


万座毛 万座毛
珊瑚の断崖だそうで絶好のビューポイントからの見学。
晴れていれば・・エメラルドグリーンの大海原が・・拝める場所でもあったが・・絶句
風と雨に負けてそそくさと観光バスに戻る

パイナップルパーク
試食コーナーでパイナップルを使った数々の食品を試しつつも、先はまだ長いので財布の紐はキッチリと締める私(エライ!)


そして、美ら海(ちゅらうみ)水族館です!
ちゅらうみ水族館

悠々と泳ぐ全長7.5mのジンベイザメの姿をご覧下さい
「黒潮の海」という名の巨大アクリルパネル水槽は高さ8.2m・幅22.5m・厚さ60cm(世界最大級)。大小様々な回遊魚が泳ぐ様は圧巻でした。今まで子供連れで数多の水族館巡りをし、海ガメやらエイ、小ぶりのサメだのイルカ位では驚かない私ですが、この大きさには感動。 しばし見とれる・・。この水槽の前には段差のついた観客席もあり、飲食しながら鑑賞できるカフェまである。何時間でも眺めていれそうです(実際7時間いたという方も)

最後は首里城です。
首里城
この頃は一段と雨も強まり、名物案内人の”親方”の饒舌な解説も幾分巻き気味で・・城にまつわる歴史などポンポンと~こちらも疲れも出てくる頃で正直有り難いスピード見学であった(笑)
もとの城は第二次大戦ですべて焼失し、’92年に復元された物だそうです。
中国の文化が色濃く反映する琉球王国の城だが、そこにはやはり侵略の歴史が残されている。 


夕食は自由行動なので、那覇市内のどこかで自分達で探さなくてはならず、ネットで予め調べておいた「うりずん」という居酒屋に行ってみたが、これがかなり”当たり”の店だった。
創業35年、豊富な種類の泡盛と古酒(クース)、沖縄家庭料理が味わえ、中尾彬、池波志乃夫妻はじめ多くの有名人、文化人が常連として集まる店だそうで。今日も常連客の一人がお酒もまわり上機嫌で三線片手に島唄を御披露してくれた。 お酒があまり飲めない私だが美味しい料理とお店の雰囲気に十分酔いしれる。
たまたま隣に座った「ボルネオ生物」の第一人者さん(有名な方らしい)
「泡盛百年古酒元年の会」会長さんとの会話も実に楽しいものでした♪
地元の方との触れ合いはやっぱりこういうお店を尋ねるのが一番ですよね。
<当日食べたメニュー>
*ゴーヤ・チャンプルー(ご存知、ゴーヤと豆腐と卵を炒めたもの)
*ドゥル天(田芋(沖縄の里芋)に豚肉・かまぼこ・しいたけを混ぜて練り合わせ油で揚げたもの)
*沖縄そば(小麦粉の太めの麺にかつお&豚だし。三枚肉とかまぼこと紅しょうがが乗っている)
*ラフテー(豚の三枚肉を長時間ゆでて油を落としてから泡盛で煮込んだ沖縄の豚の角煮)
どれも絶品!!


ブーゲンビリア
本日の花/ブーゲンビリア
(ホテルの庭、琉球村で今を盛りとピンクの花が咲き誇っていた)
(Bougainvillaea) 和名:筏葛(いかだかずら)
オシロイバナ科ブーゲンビリア属 熱帯性低木
 原産地ブラジル

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/55-a7099800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。