旅行記 &美術展
2008~2009
プロフィール

julieq

Author:julieq

ブログで世界旅行(世界遺産編)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

トラックバック

同じ趣旨(旅ブログ)のブログ様からのトラックバックは大歓迎です! 楽しい旅行記拝見したい!!

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行 3日目で最終日(5月30日)
ホテル→ひめゆりの塔→おきなわワールド(文化王国・玉泉洞)→琉球ガラス村(昼食)→国際通り・牧志公設市場→那覇空港→羽田空港

おきなわワールド さて、最終日だが やはり雨・・・
もう今回はエメラルド・グリーンの海は諦め・・・
写真も少なめです。 ブーゲンビリアの花が咲いてます→

那覇市内のホテルを出発し、バスで沖縄南部へと向かう。
沖縄は海洋博記念公園があり山の多いのどかな北部、近代的な建物が立ち並ぶ都会的な中部、そして戦争の傷跡が多く残る田園地帯の南部と3つの区域に分かれているが、現在の主な産業はどこも観光であり、外からのお客をもてなす心配りは共通して素晴らしい。 ホテルもレストランも土産物屋、タクシーの運転手に至るまでお客を楽しませる術をしっかり身に付けていて、滞在中に不愉快な思いをした事は一度もなかった。(そのせいかな、トランクに入りきらないほどの土産物をこの時点ですでに買っている私と友)

ひめゆりの塔
沖縄戦で従軍看護婦として犠牲になった「ひめゆり学徒隊」の遺骨を祀った慰霊塔です。 ぽっかりと大きく口を開けた”壕”が上から覗けるようになっていました。 併設の平和記念資料館には学徒隊の遺品や資料(全員の写真も)が展示されています。 館内では生き残った方々の証言フィルム、更に本当の生き残りの方では?と思われる老齢の女性が修学旅行で立ち寄った高校生に一生懸命体験談などを話しておられました。
自分達と同じ年頃の女学生達の話ですから真剣に聞き入っていたのが印象的。ちなみに3年前に訪れた我が息子も同じように聞いていたのかな・・と想う。

鍾乳洞 おきなわワールド(文化王国)・玉泉洞(鍾乳洞)沖縄で鍾乳洞見学出来るとは! なかなか大規模なもので驚いた。 観光用にしっかり洞内は整備されており楽しめる。 思ったより中の温度は高く上着もいらないほど。
ここもテーマパークなので、色々とあったようだがお土産も買いつくしたし、そういった店やら施設はビューっと飛ばして、
エイサー お目当てのエイサー鑑賞へ走る!
もとは先祖供養の集団舞踊で、盆踊りの一種だそうだが、ここでは一年中見れる。 太鼓を叩きながらのパフォーマンスは力強く勇壮! とても見ごたえがあった。
他に琉球の民族衣装を着せてもらって(なんと30秒で!)¥500で自分のカメラで記念写真を撮ってもらえる場所もあったようだ。

琉球ガラス村
ん~ここは言ってみれば観光客用の土産物屋ですかね・・ 
ガラス製品の製作現場を見学出来たりもするものの・・パッケージツアーだから仕方ないんですが・・観光客がしっかりお金を落として行くようになっているんですわ。 
それにしっかと乗っている私・・陶器とアクセサリーを購入。
琉球ガラスはなかなか綺麗ですよ~ 
赤はなかなか出来ない色だそうで他の色より値段が高いそうですね 初めて知りました。
映画「旅情」でヒロインのキャサリン・ヘップバーンが ヴェネツィアの骨董店で見つけたあの真っ赤なヴェネツィアン・グラスを思い出しました。(その店主と恋に落ちるお話)

牧志公設市場
東京で言うところの”アメ横”みたいなもんですか・・なんでも安い! 
肉類など買って帰ると良いと聞いていたので、 昨日 居酒屋で食して美味しかった”ラフテー”用の 豚の三枚肉(長寿豚)を1・5K、石垣牛のランプステーキ用肉3枚を買って真空パックにしてもらい、送り賃をケチって頑張って持って帰ることに・・重っ!

そんなこんなで・・「なにも買わない!」との決心は何処へやら?
いつの間にか手に一杯の土産物をぶら下げて一路東京へと飛行機は飛ぶ~~

今回、私にとっては軽いカルチャー・ショックを受けた初めての沖縄訪問。 
たった三日間ではありましたが、珍しい料理に舌鼓を打ち、琉球文化にほんのひと時触れ、
戦争の爪あとに心を痛め、現在も続く基地問題もちょっぴり考えた旅・・ 
そして友人との2人旅は何年かぶりの事でとっても楽しかった!
時間と資金さえあれば、病み付きになりそうである・・
ほんのひと時、非日常世界へのトリップに付き合ってくれた友人に多謝。

鳳凰木鳳凰木2
本日の花/鳳凰木
(那覇市内の主な通り両側に植えられており、見事なオレンジ色の花をつけていた)
名前の由来は花の形が鳳凰に見えることから
Delonix regia Rafinesque-Schmalts 別名: 火炎木、ロイヤルポインシアナ 
科属名:ジャケツイバラ科ホウオウボク属(マメ科を卒業)
マダガスカル原産




テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://julieq.blog98.fc2.com/tb.php/56-2c658805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。